社員インタビュー

kwmr

建設部設計課
久司 麻稜(2014年4月入社)
青山建築デザイン・医療事務専門学校 建設設計CAD科 卒業

学生時代特に力を入れた事
  • 設計演習です。自分で設計した住宅や施設の図面を作り、模型を作製していく授業です。
    少しづつ形になっていくのが楽しかったし、とても勉強にもなりました。

入社の動機は

建設の分野では、さまざまな種類の図面作成の他、設計等を手掛けていること、建設の他に医療システムやシステム開発等も行なっていると知って興味をもち、ここでなら色々な経験が出来るのではと思ったのが動機です。

仕事の内容

建築設計図の作成補助(意匠・構造・設備)

仕事にやりがいを感じるとき

まだまだミスだらけでたくさん上司の方々に迷惑をかけてばかりですが、図面の作成を終え、上司の方に図面を渡す時に達成感を感じます。次も頑張ろうという気持ちになれます。

これからの目標は

仕事を通してこれからももっとたくさんの事を学び、経験をし、自身のスキルアップを目指し、資格取得等にも力を入れて頑張っていきたいです!!

医療システム部
岡部 舞(2014年4月入社)
札幌医療秘書福祉専門学校 医療秘書科 卒業

学生時代特に力を入れた事
  • 医療事務、それ以外の多くの資格を取得するための勉強
  • 飲食店でのホールスタッフのアルバイト
    • 入社の動機は

      学校に来る求人のほとんどが病院の医療事務という中、医事コンピュータのインストラクターという求人が目を引きました。
      普段から医事コンピュータの授業が得意でわからないところがある人に教えたりするのも好きで、学校の先生にも向いていると勧められたのがきっかけです。

      仕事の内容

      電子カルテを扱っている会社で病院への導入作業を行っています。その過程の中で医師、看護師、その他の医療スタッフへの電子カルテの使い方の操作研修を行ったりしています。
      実際に稼働する前に病院様と実際の動きに合わせたリハーサルを行ったり、稼働後は疑問点や問題点があればその場で解決できるように診察室などに立ち合ってサポートをしていくのが主な内容です。

      仕事にやりがいを感じるとき

      操作研修を通して病院のスタッフに電子カルテの良さを伝えられることはもちろん、院内のさまざまな職種の人たちと関わり話をすることができて楽しいと感じています。
      パソコンの操作を苦手そうにしていた方がこんな操作できるようになりましたと嬉しそうに報告してくれることもやりがいになっています。

      これからの目標は

      まずは操作研修の質を上げていきたいです。パソコンの苦手な人にもわかりやすいものになるよう、経験を積みながら考えていきたいです。
      いずれは操作研修だけでなく電子カルテの導入もやっていけるように先輩の姿を見ながら勉強をし、知識と技術を身に着けていきたいです。

ページのトップへ戻る